好きこそ物の上手なれ
家族こと  音楽・Tubaのこと  写真のこと等々  多趣味者のノープランな戯言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思うこと
2012年05月22日 (火) 23:08 | 編集
息子がスポーツ少年団で軟式野球やってます。6年生で主力です。
私は所属するスポーツ少年団の今年度の団長で調整会議や団の運営に奔走しています。
それは別よいです。大変ですが、楽しくやってます。
今まで経験した役の中ではもっともヘビーではありますが…

少年野球連盟に所属していて他チームとの交流もあるし、試合もあります。
チームによってカラーがあり、面白いのです。
我がチームはどちらかというと地域のチームの中では真ん中くらいの実力かと思います。
どちらかというと「楽しいことは、いいこと!」という明るいチームで、子どもたちに伸び伸び野球をやってもらいたい団です。
まあ、時としてダラダラとなり、締まりのないことにはなりますが、煽ててナンボのチームです。

先日地域の大会がありました。
他チームのことはあまり言いたくないですが、監督・コーチが子どもたちに罵声を浴びせて指示・指導しているチームが散見しました。
子どもたちは、失敗すればベンチを見て、プレーすればベンチを見て、監督・コーチの顔色を伺っている…
容赦ない罵声…。

なんなんだろう…これは…
指導ではないな…
中学・高校生ではないのだし、子どもが傷つくことを全く考えていない。
指導という言葉を借りた大人のエゴであり、人権侵害だと思った。

パワハラです。

「子どものことを思って、つい…」
児童虐待事件で必ず出てくるフレーズですが、こんなの嘘です。
「絶対思っていません!」

私は、絶対そんな団体にいられません。子どもを参加させたくありません。
本当にそんな大人、指導者ぶっている人考え直した方がよい。
相手は小学生です。
大人でも理不尽なことにはついていきません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。